降級馬は強い?-馬柱から読む特定の条件

昇級降級時期のレースに降級馬が出走する場合のポイント

競馬予想に馬柱から読む特定の条件を知っておくことは不可欠です。
たとえば、降級馬の場合を解説します。

 

以下の点に絞りました。

 

○クラスチェンジって?
○降級直後は強いかも!

 

では、じっくりと、ごらんください。

 

 

 

競馬当日は予想が忙しくてレースの興奮を心から楽しめないという経験はありませんか?

 

 

 

クラスチェンジって?

クラスチェンジって?

 

クラスとは、レース体系を示しています。
レース体系は、下のクラスから並べると、

 

新馬戦、
未勝利戦、
500万下、
1000万下、
1600万下、
オープン

 

上から下のクラスへ、
または、
下から上のクラスへ、
クラスが変わることをクラスチェンジといいます。

 

クラス分けは収得賞金によって決まります。

 

収得賞金とは、本賞金をモトに算出されます。

 

新馬・未勝利で、400万円
500万下で、500万円
1000万下で、600万円
1600万下で、900万円
オープンでは、レースごとに本賞金の半額と決まっています。
重賞(GT、GU、GV)では、2着の場合も、本賞金の半額が加算されます。

 

昇級する条件は、2歳、3歳、3歳以上(夏以降)で、少し異なりますが、
昇級したら、初戦は、相手のランクが今までより上ですから、苦戦を強いられます。

 

オープンや1600万下の場合など、この壁を超えられない馬が少なくないのです。
これを、とんとん拍子で、勝ち進む馬は、重賞に出走している馬と同等の能力があると見てかまいません。

 

東大合格を目指す人の場合と似ています。
現役から合格する人、
何年も浪人をする人、
明らかに能力に差があります。

 

何年も浪人して、やっと、東大に入学できた人は、
その後、卒業までに、苦労する場合があります。

 

これとよく似ていて、
下位のクラスでなかなか、勝ちあがれなかった馬が、ようやく勝ち上がって、
上のクラスに昇級した場合、
これが、上のクラスでまた苦戦するケースがあります。

 

下位の条件戦にどのくらいの期間、居たのか、
これは、競馬予想では、見逃すことのできない、要素です。

 

 

 

競馬当日は予想が忙しくてレースの興奮を心から楽しめないという経験はありませんか?

降級直後は強いかも!

降級直後は強いかも!

 

降級というのは、4歳しか対象になりません。

 

4歳の夏の開催になると、今までの収得賞金が半分の額になります。

 

どういうことか?

 

たとえば、収得賞金が1400万円であった場合、
クラスは、1600万下のクラスのなります。

 

収得賞金が半分の700万円になりますと、
1000万下のクラスに下がります。

 

これを降級といい、その馬を降級馬といいます。

 

この際、相手が今までの相手より、弱くなるので、有利になります。

 

競馬予想で降級馬をみのがさないのは、基礎です。
これは、しっかり、アタマに入れておきたい、重要なポイントです。

 

 

 

競馬当日は予想が忙しくてレースの興奮を心から楽しめないという経験はありませんか?

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

降級馬は強い?-馬柱から読む特定の条件関連ページ

馬柱(馬の成績)とは?
馬柱はスポーツ新聞や競馬新聞の出馬表として掲載されています。そのレースに関する馬の成績が全て分かります。ただ素人には難解です。概要から解説します。
馬柱のコース適性が読めるか?
馬柱には、そのレースの、その馬のコース適性が掲載されています。競馬予想にはこれも必須です。読み方が分かれば簡単です。
馬柱の距離適性のみきわめかた
競馬 予想に馬柱の距離適性をみきわめること、そのレース距離に見合った能力をその馬が持っているか、そのレースで能力を発揮できるか、これをみきわめることが大切です。
馬柱の持ちタイムのみきわめかた
競馬 予想に馬柱の持ちタイムは走破タイムですが、その意味を取り違えないように、どのようにみきわめかが重要です。
道悪得意の馬−馬柱から読む特定の条件
競馬 予想に馬柱から読む特定の条件を知っておくことは必須です。たとえば、道悪得意の馬の場合を解説します。

 
競馬馬の着順とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内