予想サイトや予想会社は自己責任で

競馬予想サイトは無料で十分では?

競馬予想サイトは無料で十分では?

 

「競馬予想」とGoogle検索すると、
447万件くらいのサイト数(2016年11月現在)が表示されます。
以下、2016年11月現在の数字です。

 

その中から、
どの競馬予想サイトが、的中率、回収率ともに高いのか?
なんて、調べるなら?

 

「競馬予想 的中率 回収率」とGoogle検索すると、
179万件くらいのサイト数が表示されます。

 

回収率より的中率という人は、
「競馬予想 的中率」とGoogle検索すると、
186万件くらいのサイト数が表示されます。

 

いや、やっぱり、
的中率より回収率という人は、

 

「競馬予想 回収率」とGoogle検索すると、
166万件くらいのサイト数が表示されます。

 

的中率の方が多少、件数が多めですが、
あんまり、変わらない件数です。

 

無料がいいというなら?
「競馬予想 的中率 回収率 無料」とGoogle検索すると、
163万件くらいのサイト数が表示されます。

 

「競馬予想 的中率 無料」
ですと、133万件くらいのサイト数が表示されます。
また、
「競馬予想 回収率 無料」とGoogle検索すると、
120万件くらいのサイト数が表示されます。

 

これだけのサイトから、選択するのは、たいへんです。

 

それに、
たいがいは、的中実績を見てみると、
かなり高額の配当金です。

 

信じられますか?

 

まず、
これだけの的中実績を出すということは、
反対に、
損をしている人、
的中していない人、
がたくさんいるということです。

 

そもそも、
競馬で、こんな金額の実績を出せるわけがありません。

 

それぞれのサイトの責任者が実際に購入したのでしょうか?

 

実際に的中してもいないのに、
的中実績を適当に書き並べるのは、簡単です。

 

競馬場で常連のお客さんの的中の様子を見ていると、
そんなに、的中しているのかな、と感じます。

 

が、
常連ということは、1日何回か的中しているはずです。

 

つまり
的中できなければ、資金がなくなって来れなくなるはずです。
(別の資金源があるのかもしれませんが・・・)

 

それなら、
有料情報!

 

有料だからといって的中率が上がる?
そういうこともありません。

 

質のいい内通者情報が入手できるのかもしれません。
それは探すのもたいへんです。

 

それよりも
落馬負傷して、仕方なく、騎手をやめた人
佐藤哲三さんが予想しているサイトをおすすめします。
下の画像をどこでもいいから、クリックしてください。
↓↓↓


 

 

競馬当日は予想が忙しくてレースの興奮を心から楽しめないという経験はありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

競馬予想サイトは無料で十分では?関連ページ

競馬予想を楽しくやれるサイトがいい!
競馬予想を楽しくやれるサイトがいい!

 
競馬馬の着順とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内