馬の得意なコースと不得意なコース

馬の得意なコースと不得意なコース

馬の得意なコースと不得意なコースがあります。

 

 

馬柱、つまり、過去の成績から読むことができます。

 

得意なコースは、連対したり、3着内に入ったり、することが多いものです。

 

不得意なコース、つまり、苦手なコースは、
やっぱり、どうも、成績もいまいちぱっとしません。

 

着外に終わるというのでしょうか?
そういうものらしいです。

 

成績欄は、いつもの通り、1着何回2着何回3着何回着外何回といった意味ですが、

 

左から右なら、

 

東ダ4238

 

この場合は、東京競馬場ダートで、1着4回2着2回3着3着外8回

 

上から下なら、

 



4
2
3
8

 

といった、上のような表示があります。

 

これがこの馬の得意ならば、
不得意の場合は、たとえば、

 

中山ダ0104
といった表示があります

 

意味は、中山競馬場ダートで、1着0回2着1回3着0回着外4回です。

 

どちらが得意か、一目でわかります。

 

これは、何回も出走し、残された成績で、初めて、判断できることです。

 

では、未出走の場合とか、未出走のコースの場合は、どのように判断すればいいのでしょうか?

 

コース適性でも、一番特徴的で、成績に出るのは、
右回り、左回りのコーナリングの上手、下手でしょう。

 

コーナリングというのは、四足の馬にとっては、たいへん難しいようです。

 

トロットからキャンター、ギャロップに至るまでの、馬の脚の使い方は、
それこそ、七変化のような使い方をします。

 

ギャロップに至っては、猫やピューマに近い走りになります。
トロットは全然、そんな足の使い方をしません。

 

コーナリングも左から入るか、右から入るかで、馬によってもずいぶんと違います。
これが、成績にあらわれます。

 

現在、JRAの競馬場で左回りは、3場(東京、中京、新潟)です。
他の競馬場は、全て右回りです。

 

未出走の競馬場でも、同じ回り方の競馬場の成績を見ると、
馬の得意なコースか、不得意なコースかが分かるかもしれません。

 

競馬予想をする上でも基礎知識として、考慮に入れてください。

 

そうそう、全く出走していない馬、新馬ですが、
これは、成績がありませんから、
今までのような判断をする材料がありません。

 

これは判断のしようがありません。
なんともいえませんが、
ひょっとすると、血統など別の材料から、分かるかもしれません。

 

また、何か分かれば、記載を追加します。

 

 

 

「極ウマ・プレミアム」のコンピ指数の攻略を極めた達人が、 過去6年8か月でプラス収支継続中 的中率60.8%・回収率125.4%達成! (2011年1月〜2017年8月)
前日まとめ買いOK!
やっぱり競馬は単勝です。単爆ターゲッティング

11月3日〜5日の私の実績は、7R中5R的中し、回収率92%でした。
《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
新聞掲載と同じ出走表などコンテンツ満載

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

馬の得意なコースと不得意なコース関連ページ

競馬場はコースに特徴があるって?
コース適性を読むときのポイント:競馬場はコースに特徴があります。
競馬場のコースの特徴を知ることが不可欠
コース適性を読むときのポイント:競馬場のコースの特徴を知ることが不可欠
枠順の有利不利はどんなときか?
コース適性を読むときのポイント:枠順の有利不利はどんなときか?
馬場状態がどうか?
コース適性を読むときのポイント:馬場状態がどうか?
内柵が移動していないか?
コース適性を読むときのポイント:内柵が移動していないか?

 
競馬の基本とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内