馬場状態がどうか?

馬場状態がどうか?

馬場状態がどうか?

 

 

馬場状態というのは、良、稍重、重、不良と4段階で、JRAから発表されます。

 

良、稍重、重、不良という馬場状態を説明しますと、以下の通りになります。

 

◇良馬場とは、パンパンの良馬場という言い方もされるとおり、
水分が少なく、乾燥した状態で、芝では、スピードが出ます。
ダートは表面が乾くので、サラサラの状態です。
乾いた砂の上の走り、人間でも、きついでしょ?
だから、タイムが出ません。

 

◇稍重馬場とは、良馬場より多少水分を含んだ状態で、
雨が降り始めて、少し経ったときの状態です。
ダートでは、乾いた状態から少し湿って、砂が締まるので、走りやすくなります。
芝では、芝がぬれますので、からみますから、良馬場より、タイムがかかります。

 

◇重馬場とは、じゃんじゃん雨が降って、これが上がった直後の状態です。
芝はずぶぬれ、タイムは出ません。
ダートは、稍重より砂が締まりますので、走りやすくなります。
だから、タイムは出ます。
ちょうど、浜辺の砂が適度に締まった状態では、乾いたときより、走りやすいのと同じです。

 

◇不良馬場は、もう、ずぶぬれの状態、もっとも水分の多い状態です。
さすがに、ダートでは、重馬場に近い状態ならともかく、
それ以上に水を含んだ状態では、ズル〜ン、ズル〜ンにに滑って走れません。
芝では、重馬場以上に芝が水にぬれていますので、
タイムはかなり遅くなります。

 

 

だから、芝とダート、同じ不良馬場でも、馬の走り、タイムに対する影響度が真逆です。

 

芝の場合、道悪になると、雨で地面がやわらかくなっていますので、
踏ん張る力を必要としますから、パワーのある馬が強いものです。

 

道悪とは、重と不良をあわせた呼び方です。

 

ところが、ダートの場合は、前述の通り、道悪になれば、スピードが出ます。
上がり3F(ハロン=600m)のタイムが速くなります。
ダートは、ある程度の雨なら、馬場の砂が締まるので、かえって、スピードが出せるようになります。

 

梅雨のころは、その日の内でも、途中雨が降ったり、少し晴れてきたりで、
馬場状態の変更が、JRAから発表されます。

 

JRAの馬場状態の発表を聞き逃さない、
これも競馬予想では基礎です。

 

 

 

「極ウマ・プレミアム」のコンピ指数の攻略を極めた達人が、 過去6年8か月でプラス収支継続中 的中率60.8%・回収率125.4%達成! (2011年1月〜2017年8月)
前日まとめ買いOK!
やっぱり競馬は単勝です。単爆ターゲッティング

11月3日〜5日の私の実績は、7R中5R的中し、回収率92%でした。
《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
新聞掲載と同じ出走表などコンテンツ満載

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

馬場状態がどうか?関連ページ

馬の得意なコースと不得意なコース
コース適性を読むときのポイント:馬の得意なコースと不得意なコースです。
競馬場はコースに特徴があるって?
コース適性を読むときのポイント:競馬場はコースに特徴があります。
競馬場のコースの特徴を知ることが不可欠
コース適性を読むときのポイント:競馬場のコースの特徴を知ることが不可欠
枠順の有利不利はどんなときか?
コース適性を読むときのポイント:枠順の有利不利はどんなときか?
内柵が移動していないか?
コース適性を読むときのポイント:内柵が移動していないか?

 
競馬の基本とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内