馬券の組み立て方の基本

ヒモにセンスあり?

ヒモにセンスあり?

 

ヒモとは、連勝式の馬券を購入するとき、軸馬を本命とした場合、
その相手となる馬のことです。

 

初心者のころ、ヒモといわれると、何を言っているのかわかりませんでした。
なんだか、あらためて、聞くのもおっくうでした。

 

ヒモを広げるとか、
ヒモが抜けたとか、
何をいっているんだろうって、思っていました。

 

ヒモを広げるというのは、相手の馬を、多くすることを意味します。
ヒモが抜けたというのは、その馬だけ買っていなかったことを意味します。

 

専門用語の飛び交う場所があります。
そこへ行けば、言葉は、手っ取り早く、習得できます。

 

今は、インターネットがあるので、そんなところへ行くこともありません。

 

流しという買い方があります。
馬連など連勝式の場合、軸馬を決めて、相手の馬を選ぶことです。

 

たとえば、馬連の場合、
シロが本命馬としますと、
クロ、アカ、ミドリ、アオと4頭の馬に流すことになります。
この4頭の馬のことをヒモといいます。

 

本命馬の人気が高くても、
ヒモ馬の人気が薄いと、的中した場合は、
高配当、つまり、高額の払戻金が期待されます。

 

ヒモ馬は、競馬予想では、対象として上がって来ないのですし、
人気もないのです。

 

しかし、馬券を組み立てるとき、
ヒモ馬は、意外に有効な場合があります。
つまり、連対(2着になったり)、3着になったりすることがあります。

 

これは、競馬予想とは、まったく、関係ありませんが、
有効な馬券の組み立て方の一つです。

 

 

 

無料で大川慶次郎予想情報
今すぐお試しモニター!

 

 

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

ヒモにセンスあり?関連ページ

欲望別式別選択法
欲望別式別選択法
混戦の場合
混戦の場合
ボックス買い
ボックス買い
無駄買い防止策
無駄買い防止策

 
競馬馬の着順とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内