馬の調子を読むには?

このサイトで人気のある記事トップ3は次のとおりです。

馬体重が減った場合の注意点は何か?

馬体重が減った場合の注意点は何か?

 

体重が減る場合は、人間と同じで、
連闘(毎週連続して出走していることです。)して、疲れているとか、
出走計画、ローテーションがかなりきついとか、

 

そういうことのために、飼い食いが落ちている。
食欲を失っている、状態になります。

 

前走勝ちでも、馬体重が減っている場合は、
調子が落ちている可能性があります。

 

減るとはいっても、2kgや5kgでは、注意する必要はありません。
8s〜10kg以上減った場合、その原因をおさえておくことです。

 

原因をおさえるといっても、確かにこれだ!
といった、おさえかたはできません。

 

わたしたち一般の人間には、情報の入手方法は限定されていますので、
調教は強目ではなかったのか、
長距離輸送だったのか、
などの情報から、馬体重は減っているが、大丈夫そうかどうか、推定するしかありません。

 

馬齢も考慮する必要があります。

 

2歳や3歳のころ、人間で言えば、中学生か高校生くらいのころですが、
成長期のまっただなかですから、馬体重が増えるのは、当然のことです。

 

だから、馬体重そのものは、だいたい500kg前後ですから、
10kgくらい増加するのは、珍しくありません。

 

2%!

 

人間の場合、体重60sなら、1.2sになりますが、
気になりますよね?
ダイエットしなければ、とか、対策を考えます。

 

ところが、成長期を過ぎたころからは、
適性な馬体重がわかりますので、
これに比べ、
減っている場合は、減って当然の理由がないかぎり、
調子がわるいことにつながる、原因があるはずです。

 

馬体重と成績の関係をみきわめることは、
競馬予想には、基礎です。

 

 

 

無料で大川慶次郎予想情報
今すぐお試しモニター!

 

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

馬体重が減った場合の注意点は何か?関連ページ

増は調子が良い証拠って?
増は調子が良い証拠って?
レース当日以外も発表することがある!
レース当日以外も発表することがある!
調教コメントと合わせて考えると...?
調教コメントと合わせて考えると...?
 
競馬馬の着順とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内