馬の血統から知れること

血統の示す距離適性

血統の示す距離適性、
つまり、それぞれの馬の得意とする距離があります。

 

昔は、血統で、短距離が得意か、
中長距離が得意か、今より、はっきりしていました。

 

しかし、最近は、血統をいろいろ組み合わせてきたので、d
血統による、得意な距離がはっきりしなくなってきました。

 

それでも、競馬のレベルが高くなってきましたので、
僅差の勝負になればなるほど、
GTなど重賞に近づけば近づくほど、
血統による、得意な距離の違いは、現れています。

 

出走計画、ローテーションを見ると、はっきり分かります。
未出走の場合、血統から判断して、出走計画を策定します。

 

短距離が得意な血統であれが、1200mなどのレースに出走させます。
何回か同様なレース後、成績が思わしくなければ、
出走するレースをふさわしい距離のレースに変えていきます。

 

何回もレースに出走すると、
成績のいい距離が、その馬にふさわしい距離と判断できます。

 

短距離得意の馬は、スプリンターと言います。
人間の世界でも、100mの選手をスプリンターと言います。
同じことです。

 

距離は、1600mを中心として、

 

それ未満を短距離、
1200m、俗に、千二(せんに)、
1400m、俗に、千四(せんよん)
と言います。

 

短距離に出走する馬は、
短距離のレース以外に出走するローテーションは組むことは、ほとんど、ありません。
それは、
短距離に出走した馬の成績を見ると分かります。

 

1600mを中心に出走する馬をマイラーと言います。
人間の世界では、こういう呼び方はしません。

 

この距離に出走する馬は、1800mや2000mのレースにも出走します。

 

2200m以上のレースに出走する馬は、ステイヤーと言います。
ステイヤーは、スタミナが必要です。

 

競馬新聞などの距離の区分は、以下の通りです。

 

短 :1000m〜1400m
千六:1500m〜1600m
千八:1700m〜1800m
二千:1900m以上

 

それぞれの距離の区分で連対数(1着か2着になった回数)の多い距離が、
その馬にふさわしい距離とみなします。

 

血統は、種牡馬で調べると、分かります。

 

代表的な短距離適性の種牡馬は、
勝率順(産駒が1着になった順)では、今のところ、以下の通りです。

 

サクラバクシンオー、
クロフネ、
キングカメハメハ、
フジキセキ、
タイキシャトル

 

代表的な中距離適性の種牡馬は、
勝率順(産駒が1着になった順)では、今のところ、以下の通りです。

 

キングカメハメハ、
シンボリクリスエス、
ネオユニヴァース、
アグネスタキオン、
ディープインパクト

 

代表的な長距離適性の種牡馬は、
勝率順(産駒が1着になった順)では、今のところ、以下の通りです。

 

キングカメハメハ、
ステイゴールド、
ジャングルポケット、
ディープインパクト、
シンボリクリスエス、
マンハッタンカフェ、
ゼンノロブロイ、
ダンスインザダーク、
ハーツクライ、
ネオユニヴァース

 

競馬予想では、欠かせない、基礎です。

 

 

 

「極ウマ・プレミアム」のコンピ指数の攻略を極めた達人が、 過去6年8か月でプラス収支継続中 的中率60.8%・回収率125.4%達成! (2011年1月〜2017年8月)
前日まとめ買いOK!
やっぱり競馬は単勝です。単爆ターゲッティング

11月3日〜5日の私の実績は、7R中5R的中し、回収率92%でした。
《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
新聞掲載と同じ出走表などコンテンツ満載

 

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

血統の示す距離適性関連ページ

血統の示すダート、芝適性
競馬 予想では馬の血統から知れることもおさえておくことです。血統から成長度、脚質、などが分かりますが、馬によって、強く出るかどうかはあります。
馬のレースと人間のレースの比較をすると?
競馬 予想では馬の血統から知れることもおさえておくことです。血統から成長度、脚質、などが分かりますが、馬によって、強く出るかどうかはあります。

 
競馬の基本とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内