馬の血統から知れること

馬のレースと人間のレースの比較をすると?

馬のレースと人間のレースの比較をすると?

 

馬の長距離、2200m〜3600mと短距離1200m〜1400mでは、
その差は、800m〜2400mしか違いません。

 

人間の世界の短距離は、100m
マラソンは、42.195km、つまり、42195mです。
実に短距離のおおよそ421倍です。

 

1200mを421.95倍すると、506340mになります。
実に、506.340kmになりますから、レースとして存在しません。

 

また、何時間かかるかわかりませんが、
競馬ファンは、結果が出るまで待ちきれません。

 

レースの仕掛けとしても、
市中にするのか、どういうコースを走らせるのか?
給水をどこでやるのか?
途中で、おしっこをするかもしれませんし、
大便をするかもしれません。
これは、たいへんです。

 

2400mで1200mの倍ですから、
人間の世界では、200mのレースと同じ程度です。

 

2011年菊花賞3000mをオルフェーブルは3.02.8で1着になりました。
時速約60kmです。

 

3000mでも1200mの2.5倍ですから、
人間のレースでは、250m、そういうレースはありませんから、
せいぜい400mくらいでしょうか?

 

長距離とはいっても、人間と馬とは、ずいぶんと違います。

 

スピードで見ると、
人間のスピードは、100m10秒なら、時速約36km
42.195kmを2時間7分なら、時速約20km

 

馬のスピードは、距離によらず、だいたい、時速60kmです。

 

馬も人間のマラソンレースのようなレースがあれば、
時速60kmを維持するのは、難しいのではないでしょうか?

 

逆に、競馬のレースで100mなら、約6秒で走り抜けます。
人間の10秒と比べると、相当、速い。

 

競馬は長距離とはいっても、
人間のレースで言えば、せいぜい、400mの距離ですが、
スピードは人間の1.6倍、それだけの心肺機能が馬にあるということです。

 

サラブレッドの体重は、500kg前後です。
その馬が、時速60kmで走るのです。

 

人間の体重は、異常に重い人もいますが、せいぜい、60s前後です。
その人間が、時速36kmで走るのです。

 

同じ哺乳類でも、ずいぶんと、差があります。
しかし、馬はよく怪我をします。

 

競馬予想では基礎ではありませんが、
そのレースに出走する、この馬は、疲れていないか?
前のレースの疲れが残っていないか、
連闘(毎週出走する馬)で大丈夫か、
など、一つの要素として考えたほうがいいかもしれません。

 

 

 

競馬当日は予想が忙しくてレースの興奮を心から楽しめないという経験はありませんか?

 

元騎手が予想するのは、極ウマ・プレミアムだけ!

馬のレースと人間のレースの比較をすると?関連ページ

血統の示す距離適性
競馬 予想では馬の血統から知れることもおさえておくことです。血統から成長度、脚質、などが分かりますが、馬によって、強く出るかどうかはあります。
血統の示すダート、芝適性
競馬 予想では馬の血統から知れることもおさえておくことです。血統から成長度、脚質、などが分かりますが、馬によって、強く出るかどうかはあります。

 
競馬馬の着順とは 馬柱を読む 血統を読む オッズを読む 相互リンク サイト案内